図書館の評価を高める - ピーター ハーノン

図書館の評価を高める ハーノン ピーター

Add: faqyziq67 - Date: 2020-12-05 10:28:26 - Views: 2309 - Clicks: 501

ダガン,Peter Hernon,Robert E. 図書館の評価を高める: 顧客満足とサービス品質 ピーター ハーノン, ジョン・R. 12,最終原稿 ピーター・ハーノン、ジョン・R・ウィットマン 永田治樹訳 丸善.

ピーター・ハーノン | プロフィール | HMV&BOOKS online | シモンズ・カレッジの大学院図書館情報学研究科教授として、「調査研究法」「図書館サ. 日本の公共図書館及び大学図書館においても、図書館アセスメントの. ダガン『図書館の価値を高める―成果評価への行動計画』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することも. ハーノン, ピーター. BOOK REVIEWS「図書館の評価を高める:顧客満足とサービス品質」.

顧客のことを真っ先に考えよ。 図書館の評価を高める―顧客満足とサービス品質 ピーター ハーノン (著), ジョン・R. , Hernon, Peter, Dugan, Robert E. バーノン・ロマックス・スミス(Vernon Lomax Smith、1927年 1月1日 - )は、米国の経済学者。 カリフォルニア州オリンジにあるチャップマン大学の経済学教授(Argyros School of Business and Economics and School of Low)であり、ジョージ・メイソン大学の研究学者でもある。. (田村俊作ほか訳) 公共図書館のサービス計画: 計画のたて方と調査の手引き.

図書館の価値を高める―成果評価への行動計画 作者: ピーターハーノン,ロバート・E. ハーノン, ピーター:. 図書館の価値を高める - 成果評価への行動計画 - ピ-タ-・ハ-ノン - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. (ハーノン,ピーター). 大学図書館の行政評価については,年の『現代の図書館』の「特集:自己評価の方法」において,経営評価を念頭に置いた大学図書館の自己点検・評価の実例を紹介している(13)。 また,年の『情報の科学と技術』の「特集:図書館の統計と評価」では,ISO 2789(国際図書館統計)などの国際規格と大学図書館の第三者評価への応用の可能性と第三者評価機関による具体的な図書館の経営評価の事例を紹介し,併せて専門図書館の評価活動の事例も載せている(14)。.

, 治樹, 永田作品ほか、お急ぎ便対象商品は. ピーター・ハーノン / ジョン・r.ウィットマン. Dugan,永田治樹,戸田あきら, 佐藤義則 出版社/メーカー: 丸善. ハーノン, ホイットマン『図書館の評価を高める』 ハーノン, ダガン『図書館の価値を高める』 日本図書館情報学会研究委員会『図書館の経営評価』 神奈川県図書館協会図書館評価特別委員会『公共図書館の自己評価入門』. 以上,図書館の経営評価をについて行政評価とサービスの品質測定の観点から研究文献を概観したが,この他にも,包絡分析法による効率性の評価,経営学的アプローチによる図書館評価,社会過程監査による対社会効果の評価,生産関数による効率性の分析,図書館会計論的アプローチ,仮想評価法による公共図書館の経済評価,経済状況と公共図書館利用との関係,など図書館の経営評価の方法論を確立する努力が続けられている(23)。 また,ウェブサイトの機能による電子情報サービスの評価など,統計学的,経済学的,経営学的,システム的なアプローチによる図書館の経営評価の研究も行われている(24)。. ウィットマン『図書館の評価を高める―顧客満足とサービス品質』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約4件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理する.

(オンライン), 入手先< htm>, (参照. 東京, 日本図書館協会, 1985, 301p. ハーノン ピーター: 書名ヨミ: トショカン ノ ヒョウカ オ タカメル : コキャク マンゾク ト サービス ヒンシツ: 書名別名: Delivering satisfaction and service quality. (10/17時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:トショカン ノ ヒョウカ オ タカメル コキャク マンゾク ト サービス ヒンシツ|著者名:ピ-タ-・ハ-ノン、ジョン・R.ウィットマン|著者名カナ:ハーノン,ピーター、ウィットマン,ジョン・r. ウィットマン 丸善出版,pages. 【中之島図書館からのお知らせ】 令和3年3月31日(水曜日)まで、書庫の耐震改修工事に伴う書庫内資料移転作業のため、中之島図書館所蔵資料のうち配架場所が「 外部」で始まる資料をご利用いただくことができません。. | ピーター・ハーノンの商品、最新情報が満載!. 図書館サービスにおける電子情報の比重は急速に高まっており,図書館の経営評価の対象も伝統的な図書館サービスの品質評価から電子情報サービスの品質評価へと向かった。このような情勢の中で,E-Metricsなど外国の電子情報利用測定の動向を紹介するだけでなく,国内の大学図書館で検討された電子図書館サービス関係評価指標も報告された(19)。なお,これに関連する動きとして,OCLCのディジタル・レファレンス品質査定(Assessing Quality in Digital Reference)(20)の基準がある。 また,電子ジャーナルなど図書館外部の電子情報サービスの利用増加に伴い,ベンダーなどの電子情報サービス提供者の利用統計の信頼性,整合性,および互換性をめざす図書館界と電子情報サービス提供側との協力による国際的なプロジェクトも紹介された(21)。 米国では高等教育の品質を保証するために全国に6つの地域認証機関があるが,これらの認証基準が情報リテラシー教育などの図書館サービスがもたらす教育効果の成果の証拠を求めるようになってきており,この新たな要請に応えるためのハーノンらによる『図書館の価値を高める−成果評価への行動計画−』が年に翻訳された(22)。日本ではまだ大学図書館が関与する情報リテラシー教育の学業成績への成果を求める方向に進んでいないが,少子化による競争的な環境の中で,研究重視から教育重視へと大学の質的変化が進んでいる現在,この本の示唆する意味は大きい。.

ピーター ハーノン,ジョン・R. ピーター・ハーノン | HMV&BOOKS online | シモンズ・カレッジの大学院図書館情報学研究科教授として、「調査研究法」「図書館サ. 図書館の評価を高める: 著作者等: Hernon, Peter Whitman, John R 永田 治樹 ウィットマン ジョン・R. TQMは製品の品質を高めることにより顧客満足度を高めることを目的としているが,サービス業の拡大に伴い,サービスの品質(service quality)もその対象となった。その後1993年にはハマー(Michael Hammer)らは,現代企業の変革を迫る外部要因は顧客(Customer),競争(Competition),変化(Change),の3Cであるとし,業務プロセスを変革するための経営理論としてビジネス・プロセス・リエンジニアリング(Business Process Reengineering)を提唱した(15)。 年には,これらの理論を図書館サービスに応用したハーノン(Peter Hernon)らの『図書館の評価を高める−顧客満足とサービス品質−』が翻訳された。彼は,サービスの品質は理想的な可能性と現在における実際を客観的に比較することであるのに対し,顧客満足は特定サービスに対する顧客の即時的,主観的な経験を測定するものであるとして,サービス品質と顧客満足の両方を高める必要性を示した。なお,欧米におけるTQMの大学図書館への導入の課題については溝上の論文で事例を挙げて詳しく紹介されている。また,日本の図書館における利用者満足度調査の方法論確立のための実証的な研究も行われている(16)。 このような流れの中で1998年に米国の3人の経営学者によって提案されたサービスの品質測定法がSERVQUALである。SERVQUALとは,質問により顧客が期待するサービスと実際に受けるサービスのギャップを分析することによりサービスの品質を測定する,一般企業を含む汎用的なサービスの品質測定法であるが,これを図書館サービスに応用する研究が行われた。日本においては永田らがSERVQUALによる図書館サービスの品質調査を行った(17)。 長年にわたって図書館の経営問題に取り組んできた米国の研究図書館協会(ARL)は,1999年にSERVQUALを図書館用に拡張するLibQUAL+や電子情報資源利用測定のためのE-Metrics,高等教育成果(Higher Education Outcomes)など5つのプロジェクトを含む新尺度イニシアティブ(New Measure Initiative)を立ち上げており,これらの動きが詳細に紹介された(18)。. Dugan,永田治樹,戸田あきら,佐藤義則; 出版社/メーカー: 丸善; 発売日: /03; メディア: 単行本; クリック: 図書館の評価を高める - ピーター ハーノン 1回; この商品を含むブログ (2件) を見る. タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; 図書館の価値を高める:.

Palmour)らの『公共図書館のサービス計画』(1985)(1)が「サービス評価のための統計とパフォーマンス尺度」を取り上げており,ランカスター(Frederick Wilfrid Lancaster)の『図書館サービスの評価』(1991)(2)は「費用対効果」や「費用対便益」を扱っている。国内の文献としては森耕一の『図書館サービスの測定と評価』(1985)(3)において,図書館活動の構成要素を「目的,投入,産出,ニーズ」とし,産出がコミュニティの「ニーズ」をどれだけ充足したかによって,図書館活動の有効度を評価している。これらの図書館サービスの評価の結果は,当然,図書館の経営に反映される。 これに対して,「図書館の経営評価」(または図書館経営の評価)は新しい概念である。「図書館サービスの評価」と「図書館の経営評価」の違いは,図書館の内と外にある。従来の図書館サービスの評価は図書館内あるいは図書館界内の評価であったのに対して,図書館の経営評価は図書館の設置母体や利用者などの外部の関係者に対する説明責任を重視している点が異なる。 日本ではバブルの崩壊以後,国や地方自治体の財政状態の悪化にともない,行政の効率化のための行政評価が強く求められるようになった。大学図書館においては,1991年の大学設置基準の大綱化により大学の自己点検・評価が努力義務化され,1999年には自己点検・評価の実施と結果の公表も義務化された。また,年の学校教育法の改正により,全大学が,国から認証された第三者評価機関(認証評価機関)による機関別の評価を受けることが義務化された。公共図書館においても,年に施行された「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」において,「そのサービスについて,各々適切な「指標」を選定するとともに,これらに係る「数値目標」を設定し, −中略− 前項の「数値目標」の達成状況等に関し自ら点検及び評価を行うとともに,その結果を住民に公表するよう努めなければならない。」と定められた(4)。 図書館の経営評価に関するもう一つの流れは,図書館サービスの品質測定である。1980年代は日本経済が絶頂期に達した時代であった。その理由は品質の高い工業製品を世界に輸. (中村倫子ほか訳) 図書館サービスの評価. ピーター ハーノン,ロバート・E. ウィットマン (著), てっきり蔵書回転率のような各種指標が書かれた図書館経営の本かと思ったのですが、そんな狭い視点ではなくもっと広い内容の本でした。. (3) 森耕一編. literacy(リテラシー)とは。意味や解説、類語。1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中から必要な情報を抜き出し、活用. (参考:ピーター・ハーノン ジョン・r・ウイットマン共著 永田治樹訳「図書館の評価を高める」 丸善 ) →この本は、苦情をどうとらえるかについて、外国の人っぽいと思いました。日本人は「何事もないのが最善」みたいな文化なので。.

/ ピーター・ハーノン ジョン・r・ウィットマン(共著) 永田治樹(訳)『図書館の評 価を高める-顧満足とサービス品質』丸善 欧米諸国で発達した近年の行政評価の方法を図書館に応用する目的で書かれたものとして. 図書館の評価を高める - 顧客満足とサービス品質 - ピーター・ハーノン - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 2: 図書館の評価を高める: Peter. See full list on current. 東京, 丸善, 1991, 228p.

『日本の図書館 統計と名簿 』()の「公共図書館経年変化(1974・75,84・85,89・90,94・)」と「大学図書館経年変化(1974・75,84・85,89・90,94・)」を見ると,短期大学や高等専門学校を除けば,バブルの崩壊以後も図書館数,専任職員数,年間受入冊数,登録者数,館外個人貸出冊数,参考業務などの減少はほとんどなく,民間企業の右肩下がりの現象と較べれば,図書館は非常に健闘しているということができる(26)。しかし,我々はこの数字に安心していることができるのだろうか?インターネットが人々の生活に欠かせないコミュニケーションの手段となった現在,図書館の役割は一体何であるのか?メディアの変化により人々の生活様式が大きく変化しつつある現在,電子メディアを含めたハイブリッド図書館として総合的に図書館の経営評価をすることのできる客観的な尺度の必要性が高まったと考えられる。教育の世界では児童・生徒のテスト成績(結果評価)からポートフォリオ評価(プロセス評価)が重視されるようになったが,図書館サービスの評価についても一度だけの結果評価ではなく,プロセスとしての経営評価が求められていると思われる。これまでに図書館の経営評価についてさまざまな観点から多くの研究がなされてきたが,図書館が新しい時代に対応できるために,図書館の経営評価の方法が確立し,早期に実用段階に入ることが望まれる。 関西大学文学部:倉橋 英逸(くらはし えいいち) (1) Palmour, Vernon E. 図書館経営にとって自館の評価は重要であり、従来から主に図書館活動のインプット(予算・設備・人材の投入量)や、アウトプット(資料収集・貸出などサービス産出量)のパフォーマンス測定が行われてきた。しかし、それらは図書館側からの経営評価ではあっても、顧客の側から、図書館. , 治樹, 永田, あきら, 戸田, 義則, 佐藤 |本 | 通販. オープンアクセス 背景 第二次世界大戦以降に行われたアメリカ・ソ連を代表とした研究助成および高等教育の支援は、研究者数を増加させ、学術論文と学術雑誌を増加させていった&91;25&93;。 Amazonでハーノン, ピーター, ウィットマン, ジョン・R. , 治樹, 永田の図書館の評価を高める―顧客満足とサービス品質。アマゾンならポイント還元本が多数。ハーノン, ピーター, ウィットマン, ジョン・R. 関連リンク/出典 Related Links / Sources NDL|VIAF) 出典 Sources 図書館の評価を高める / Peter Hernon, John R. 1997年に『図書館雑誌』の「特集:図書館の自己点検・評価」が組まれたが,公共図書館においては図書館評価のためのチェックリストの検討にとどまっていた。 年には,『図書館雑誌』の「特集:図書館とサービス評価」において,行政評価と図書館のサービス評価との関係が模索され,利用者満足度の調査事例が紹介されている(11)。 年の『現代の図書館』の「特集:評価/経営する図書館へ向けて」では,経営の視点に立って,地方自治体における行政評価システムの中の公立図書館の評価の実態と個別図書館の事例が紹介された(12)。.

わが国でも、公共図書館においては行政評価の一環として、また、大学図書館においては大学評価という枠組みにおいて、ゆだねられた任務の説明責任を果たすための、図書館アセスメントの取り組みが始まった。本書は、このような“機関の有効性”をどのように評定するかを問題にするもの. (4) 文部科学省. , Hernon, Peter, Whitman, John R. 作者: ピーターハーノン,ロバート・E. 図書館の価値を高める. ,7点生きてこそ、この言葉に集約されてます。,7点人肉を食べる事は、彼らにとって必然だった。それをしなければ、生き残る事ができなかったのだから。それを.

また図書館の価値を高める―成果評価への行動計画もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 図書館の価値を高める―成果評価への行動計画 | ハーノン, ピーター, ダガン, ロバート・E. マーベル・シネマティック・ユニバースは、マーベル・コミックの出版作品で登場するキャラクターを原作としたマーベル・スタジオ製作のスーパーヒーロー映画シリーズであり、その作品間で共有されている 架空世界である。. 1980年代に,米国の図書館界の行政評価におけるパフォーマンス測定の手法を取り入れた図書館サービス計画立案の考え方が提案され,国際的にさまざまな評価指標が模索された。その結果,ISO 11620:1998(図書館パフォーマンス指標)が制定され,それが日本の翻訳規格JIS X 0812:(図書館パフォーマンス指標)となった。 1990年代にはこれらの規格の動向や翻訳が散発的に紹介されていたが,年になると,『現代の図書館』の「特集:自己評価の方法」の中で図書館のパフォーマンス指標が大きく取り上げられた(7)。 年には,同じく『現代の図書館』の「特集:図書館パフォーマンス指標と経営評価の国際動向」の中で,ISO 11620:1998の翻訳規格であるJIS X 0812:の行政評価への応用可能性,ISO 2789:1991(国際図書館統計)の改定に伴うISO 11620:1998の修正の動向や,新たな電子図書館サービスのためのパフォーマンス指標の国際標準化の動きが紹介された(8)。 これらの国際的な動向とともに,図書館の品質管理とパフォーマンス尺度をサポートするEUのEQLIPSE(Evaluation and Quality in Library Performance: System for Europe)や,伝統的な図書館と電子図書館を含むパフォーマンス指標の開発と測定をめざすEUのEQUINOX(Library Performance Measurement and Quality Management System)が紹介され,ドイツや英国の図書館におけるパフォーマンス指標も紹介された(9)。これにより,パフォーマンス指標に関する国際的な動向の理解が進んだ。 年になると,同誌の「特集:評価/経営する図書館へ向けて」において,岸田が図書館経営のためのパフォーマンス指標を活用するための実践的な方法や留意点を解説し,実用化に向けて一歩進めた(10)。. | ピーター・ハーノンの商品、最新情報が満載!. 最終章では、これまでのまとめと、図書館の評価を高めるプランを成功させるポイントが解説されている。 本書の構成は、至れり尽せりである。 図書館の危機をチャンスに変える一冊として推薦したい。. 図書館サービスの評価に関する研究については,これまでに多くの文献があり,翻訳ではパーマー(Vernon E. (2) Lancaster, Frederick Wilfrid. 東京, 勁草書房, 1985, 308p.

図書館の評価を高める - ピーター ハーノン

email: mupefi@gmail.com - phone:(332) 699-2098 x 7801

エドガー・ケイシー驚異のシップ療法 - 鳳桐華 - 総合漢方研究会 知っておきたいツボ療法

-> 異世界でも無難に生きたい症候群 - 笹峰コウ
-> 貸倒れと不良債権償却の税務 - 右山昌一郎

図書館の評価を高める - ピーター ハーノン - English


Sitemap 1

流体力学 前編 - 今井功 - ポピュラー クラシック名曲集 依田嘉明